絵を描くヤギの日記

絵を描きながら旅をする八木の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春兆郎のお食い初め(はるきろうのおくいぞめ)

きょうは春兆郎この世にうまれて、おおよそ100日くらいやったんで、「おくいぞめ」という「赤ちゃんのための初めてのご飯をつくる」とゆう儀式をしっぽり、しっとり、なめらかにとりおこないました。

アイスのくちどけでゆうたら、パルムくらいなめらかな感じでやりました。


もうむしろパルムでええんちゃうん?くらいな感じでした。



けどそうゆうわけにもいかなくて、ほんまは
鯛がマストアイテムらしいんで、去年お世話になっていた定置網の漁船が水揚げしている三崎港へ行きました。


そしたらそこの漁師さんから真鯛のほかにマアジ、カマスをたくさんいただきました。





僕が港にいったのは5時30分やったけど、その時間にはほとんど選別も終わっていて手伝いもできなかった。








その船の漁師家族のみなさん、ぼく、すこししか働かなかったのにずっとお世話になりっぱなしで、ほんま会うたびに感謝するし、
はやくちゃんと恩返ししないとなあ。と思う。



返さなくてはいけない恩ばかりたまっていっこうに返せずにいる俺。


頻尿気味がいっこうに治らない俺。



そんな俺の息子、春兆郎は最近よくわらう。 
にゃー。とか、あううあ。とかわけわからんくらいかわいい声をだす。

両手をあわせてもじもじしたり、足をふわふわさせたり、おっぱいを飲んだり、春兆郎は春兆郎なりに人生を楽しんでいる。








寝がおの絵は描くが、起きているときはじっとしないのでまだ描けていない。



夜、真鯛の一匹は塩焼き、もう一匹はお吸い物にし、アジは刺身にして、あとようこのつくった酢の物、かぼちゃの煮物を春兆郎にくわせる真似をして写真をとった。 






春兆郎とようこが三崎に帰ってきて、ひと月くらいたったが、毎晩家にかえれば2人の笑顔があり、それを見ながら食う晩飯はほんとに最高だ。



今日はとりたての鯛なんていいもんくったけどな、普段なんてメキシコ産のかぼちゃとかさ、インドの養殖エビとかさー、チリのサーモンとか見切り品の蒲焼きとか、そんな比較的チープな、アイスでゆうたらガリガリ君的な食品がほとんどやねん。



でもな、どんな食品くっても、
たとえガリガリ君やったとしても2人の顔があるだけで最高の食事になる。





あーどうやってめしくっていこーみたいなのもさ、大事やけど、わー!いま、この、ここにあるめしが超うまい!ってのも同じくらい大切やなーと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/28(日) 22:42:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祭りだ!祭りだ!マツリダゴッホ!

13、14日は三崎、海南神社の例大祭があり神輿をかつがせてもらった!


祭りでは獅子と神輿が町をねりあるく。


今年の神輿番は花暮(はなぐれ)地区でぼくもその地区のかたたちと二週前から神輿の練習したり、町にのぼりをたてたり、神輿をつくったり一緒にやった。


三崎の神輿は木遣り師の掛け声を、担ぎ手が受けてまちをまわる。    

 

そして家や店舗のまえで上に持ちあげ、がしゃがしゃゆらす。



がしゃがしゃゆらす。






途中、ようこと春兆郎が見にきた。



春兆郎は神輿を真剣じっとみていた。



2日間、朝から夜まで三崎の町をまわり、2日目の夜11時くらいに海南神社の鳥居をくぐり宮におさめる。


神社にはたくさんの見物人。



最後の三時間か四時間くらいはずっとかつぎっぱなしやった。




神輿をかつぐ自分とまわりの熱気ですこし意識もうろうとしながら、最後の階段の上で提灯をもち並んだ10人くらいの木遣り師や総頭たちが大きな口をあけてさけんでいるのを見た。


みんなええ年してほんまにむっちゃいい顔してさけんでた。



ぼく、これまでちゃんと神輿をかついだことってなかってんけど、ほんま楽しかったし、めっちゃいい経験になった。


次の日は朝から片づけ、のぼりを下ろして、神社に片づけて、神輿の棒や飾りをとって。


神輿をかつぐ人だけじゃなくて地域の人みんなが古くから続く文化、祭りを、ささえて、楽しんでいる。




それはとびきりのハレの日ということもあるやろうけど、ユイとかモヤイみたいな地域の中の相互扶助の構造が感じることもできた。


三崎、花暮のみなさんにほんま感謝。
それでおれが地域に対して感謝の気持ちを返していくこと、何ができるのか考えよう。






「このままでは日本経済はだめっぽいのでTPP参加しなあかん。」とか「憲法を改正して強い日本をつくらな!」だとか、「なんで指原が一位なの!?」とか、「うちのバスケはラン&ガンやないとあかんねん、なにゆうてんねん、おまえ」
とか、ごしゃごしゃ勝手な自己中心神輿をわっしょいする前に、
自分が住んでる地域の神輿を一度かついでみてはどうか。


グローバルな社会が神輿よりあついわけないのだ。

どんな戦争も文化をつくらず破壊するばかりである。








合理的でないものにこそ情熱をそそごう。











  1. 2013/07/18(木) 12:50:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。