絵を描くヤギの日記

絵を描きながら旅をする八木の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どかーん!

どかーん!



‥‥

今週、日曜日は、三崎商店街にて『MISAKI MARKET』があり出店させてもらいます!






子ども用の靴けっこう描いたので持っていきまーす!





最近、注文してもらいかいた



大砂嵐






ゲバラとメキシコ靴











マリアさんティーシャツ








・・・


来週の日曜日、

2月9日は、『雑司が谷手創り市』

雑司が谷手創り市 に出店させてもらいます!


2回目の出店です、さむそー!


でも、

はりきっていくでー!




目白や池袋のちかくです、お近くのかたはぜひ!!





さむいしあったかいかっこで!
スポンサーサイト
  1. 2014/01/30(木) 18:01:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザ・サババッグ

「あたしはー、サバはやっぱり味噌煮だと思うなー」




「えー!?まじでー?  サバといえばしめ鯖でしょー!」



「えー!しめ鯖ってさあ、なんかちがくなーい」



「てかサバは塩焼きできまりっしょ!塩焼き、やばくね!!?」






‥‥そんな不毛な争いはもうやめよう。










「サバといえばサババッグ」











今週日曜日は、『雑司が谷手創り市』です!

( http://www.tezukuriichi.com/home.html )

サババッグよろしくです!!
  1. 2014/01/30(木) 00:36:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カロヤン。

カロヤン。






・・・カロヤン








『カロヤン』とは、いったいなんなのか!!?








それは、、、








カロヤン・ステファノフ・マハリャノフのことだ!!!









・・・・



なるほど!!!  そうゆうことか!!














カロヤンて、じつは琴欧洲のこと!











琴欧洲は大関陥落したあとの先場所、10勝に届かず、大関復帰はかなわなかった。






新関脇で勝ちまくっていた頃や初優勝した時、よく見てたから、先場所の琴欧洲は切ないくらいに弱かった。









琴欧洲の出身がブルガリア、ヴェリコタロノボ市ということは相撲ファンはだいたいみんな知っている。










4年前、ぼくが世界を回っているとき、
ギリシャからトルコへ行く際の通り道でもあったので、
そして琴欧洲の出身地でもあるヴェリコタロノボには行くきまんまんだった。




調べると、琴欧洲の育った村はヴェリコタロノボの中心部からはバスで一時間ほど離れた村であることがわかった。




田舎の昼下がりのローカルバスには、運転手を合わせて4人ぐらいがちょうど心地よいもので、
それは日本でもブルガリアにおいても同じことだった。









琴欧洲の育った村。

そこはかなりの田舎町であった。






電信柱もこんな感じになっているのを何本かみた。






トウキョウにこんなのがあれば、きっとゲリラ的な現代アート集団の仕業だと思うだろう。




でもそこでは平凡な電信柱の日常なのだった。










刈るのそこちゃうやろ!!









しかしずいぶん田舎だった。


まさに村って感じだ。





ロバも田舎まるだしであった。















バス停を降りたとこにあった売店の前で、酒だかコーヒーを飲んでいた3人のじいさんたちは、なんでこんな田舎にアジア人がきたのか?と警戒していたようだったが、



僕が
「コトオウシュウの家を探しにきたんやけど。」とゆったら、

3人のじいさんたちは、

「オウ!  コトオーシュ!! コトオーシュ!!!  コトオーシュウ!!!」

と一気にテンションがあがり、笑顔になった。


そのうちの一人のじいさんが、おれが案内してやる!とゆってくれたので、みなさんありがとう、といい、そのじいさんのあとをついていった。



そして15分くらいあるくと、、



ついた!







うわあー!まるわかりー!!








じいさんが、ピンポンをピンポンピンポン鳴らしたが誰も出てこない。




なので向かいにある家へいき、そこのおばあちゃんになんか聞いてくれた。







そのおばあちゃんは175センチくらいあったので、瞬間的に琴欧洲の「なにか」であることがわかった。




つれてきてくれたじいさんは帰っていった。

僕はありがとう、とゆった。


帰ったというより、さっきの売店へと戻っていったのであろう、そしてまた友達と酒だかコーヒーを飲むのだろう、と思った。







おばあちゃんやはり琴欧洲のおばあちゃんだった。




おばあちゃんは僕が琴欧洲のお嫁さんの家族だと思ったようだったが、


僕は、

ちがう、ちがう、

とゆった。






おばあちゃんは、
琴欧洲の父親と母親は今不在だとゆった。


僕は、



ああそうなんやあ、と思った。






琴欧洲のおばあちゃん、優しい顔、会えてよかった、よかった。


と思っていたら、




おばあちゃんは家でコーヒーでも飲んでいきなさい。

とゆった。



琴欧洲の家の向かいにあるおばあちゃんの家におじゃまして、コーヒーをいただいた。




言葉も通じないどこのだれだかわからないやつを家に招いて、コーヒーをいれてくれる、、、





おばあちゃんは琴欧洲の昔の写真や、琴欧洲のお兄さんの写真や、琴欧洲のお兄さんの小さい時の写真を見せてくれた。



五十枚くらいあったか、
一枚、一枚説明しながら見せてくれた。







ちなみにおばあちゃんはブルガリア語しか話せないし、俺は日本語しか話せない。






交わす言葉は、

「コトオウシュウ」

か、

「カロヤン」

だけだ。





でも琴欧洲やお兄さんへの愛情がすごく伝わってきた。





コーヒーを2杯ごちそうになり、いい時間になってきたので帰ることにした。





たしか俺はブルガリア語の「ありがとう」と、「こんにちは」ぐらいは覚えていたので、ブルガリア語のありがとう、を何度もゆった。




あのとき何度もゆったはずだが、今は覚えていない。





ヴェリコタロノボ中心部に戻るバスは一時間に一~二本くらいだったので、バス停で40分くらい待つことになった。





かばんの中には、相撲ファンの必需品、大相撲トランプがあった。


色エンピツとスケッチブックもあった。




僕は少しでも感謝の気持ちを伝えるべきだと思い、
トランプのクイーンである琴欧洲のカードを見ながら、カラフルな琴欧洲を描いた。




もう一度おばあちゃんの家にいき、絵を渡すと、笑ってくれた。




もうひとりの琴欧洲のおばあちゃんといとこもきて、みんなで笑っていた。






バスの時間がきたので、また、ありがとう、とブルガリア語でゆって別れた。









琴欧洲は性格がやさしすぎて、その性格が相撲にはあまりいい影響がないとか、よくいわれるが、やさしい琴欧洲を育てた村は本当にやさしい村だった。




やさしい琴欧洲のまま、けがを治して、また大関、横綱を目指してもらいたい。






がんばれ、カロヤン!!!
  1. 2014/01/27(月) 02:22:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

入選

全日本アートサロン大賞(http://art-salon.jp/)という公募展に絵が二点入選しました!



2月6日から17日まで、六本木の新国立美術館で展示されています。



2つともけっこう抽象的な油絵で、けっこう前に描いた絵です。

ひとつは、5年くらい前に描いた絵、もうひとつは、3年くらい前に描いた絵です。





五年くらい前の絵は、相撲だいすきで、
国技館開催の場所中、2回はいってたなあ、「月刊大相撲」も毎月かってたなあ、

音楽はキングタビーとか、スライ&ロビーとか、昔のダブばっかり聞いてたなー、て感じの絵です。




F20







もうひとつは、小笠原で生活してたときに下絵を描いたやつです。海をみた感じを抽象的にしたかんじです。




壁一面に展示された、たくさんある入選作品のなかで、
自分の絵がどう見えるのか、
気になるし、それで、これから油絵を描いていくなんかヒントを見つけたいなと思いまーす!



招待券10枚くらいあるので、良かったらさしあげますので、連絡下さい!
  1. 2014/01/26(日) 08:24:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございマース!




乾燥して

風邪のひきやすい時期なので


ツアー中の浜崎あゆみなみにうがいをするように心がけてます。


1日三回はしてます。


あゆはー。みたいな、かんじです。




あたまの中では浜崎あゆみなみのセンセーショナルな恋愛もしています。




1日三回はしてます。


もう今年に入ってから15回しました。

半分は粋な外国人でした。





思春期まっただなかです!!





・・・そんなわけで今年もよろしくお願いします!






版画をつくり、年賀状にしました。





うち一枚は年末に送別会をしたグアテマラに住む友人へだしたのですが、ふつうの年賀ハガキに20円分の切手をはりつけたら外国にもちゃんと届くようで、感心しました。


感心しすぎて年賀状をだすのが、大晦日になってしまいました。







お正月は妻ようこの実家の島根県ですごしました。



島根でも中国山地よりなので、雪がつもっていて、近くのスキー場でひさしぶりにスキーをし
ました。

















まちがえた、







これ!














またまちがえた!!




これな!










あと

雪の中をあるいて、滝にいって絵を描きました。




竜頭ヶ滝(りゅうずがたき)


雪道をざくざくいって、
ついたはいいが、さみいし、小雨だし、絵を描けるような環境ではなかった。

滝からくるさらにつめたい風がばふばふ体にむかってきたが、













やっぱり自然と向かいあうと、むきになる。



ほんま寒くて足ががくがく、ゆびもフルフルしてきたので、筆をつかわず、指で描きました!







今年はひさしぶりにまたいろんな場所で絵を描き、刺激をもらいたいなと

おもっています。





八木亮太郎
  1. 2014/01/05(日) 09:56:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。